まだ大丈夫だよ

昨日は、寝てるちっちーをみてて、大きく息を吸った後、お腹が動かなくなったので、ひやっとしました。思わず、「ちーっ!」と叫びました。そしたら、「なに?」って顔で目を開けてくれました。大丈夫、まだちっちーは生きています。

f0039288_11311753.jpg夕方食べさせた物を全部吐いてしまったちっちー。夜は恐くてご飯食べさせられませんでした。今夜、もしかして寝てる間に、と思いました。が、夜中、何度もちっちーに起こされました。ドアをがりがりやって洗面所に行きたがったり、ベランダに出たがったり。行って何するわけでもなく座ってるだけ。

ここ最近は、変に動いてます。といっても遊ぶのではありません。

昨日は久しぶりにトイレにも行きました。こんな格好で、ほんの少しだけ自力で水を飲みました。そしてその後、濡れるのにここに座ったままでした。

これだけ動けるんだからまだ、大丈夫かな。

f0039288_11342122.jpg
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-04-14 11:36

抗癌治療しなくても

f0039288_1712354.jpg痩せたのもあるけど、強制給餌でくっついたご飯でほっぺたがかびかびになって、細く(みすぼらしく)見えます 水だけじゃ落ちないので、元気になったらシャンプーさせたいです






10日に予定してた抗癌治療を止めて2日目。抗がん剤を止めて食欲が戻るかどうかだけど、やっぱりダメ。水も飲みたいみたいで、お風呂場に来たり、水入れの前に座るけど、じーっとしてるだけで飲もうとしない。スポイトで口に入れるとすごくいやがる。なんで??今までそうは見えなかったけど、口が痛いの?

昨晩はついに布団の上でしっこしてしまった。死んだ犬・モコと老猫カン太を思い出した。この2匹も死ぬ前はトイレ以外でおしっこするようになった。ついに来たのかな、と思った。もう何もしないほうが良いのかもって思った。でも、そのあと強制給餌した。ホメオパシーまではできなかった。
今朝も布団の上でしっこした。でも、体が吸収してくれるうちは私が食べさせると、今日は思えて、朝・午後と食べさせた。
まだ、目はしっかりしてるように見える。もうちょっと一緒にいられるかな。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-04-12 17:21

化学治療13回目ならず

f0039288_1115291.jpg4月10日は、13回目の抗癌治療の日でした。いつもの通りキャリーに入れて病院に向かうけど、なんかちっちーがおとなしい。いつも、もっと抵抗するし鳴くのに。それにキャリーの中では箱座りしたり顔を出したりするのに、昨日は変。中で横たわってる。いやな感じがした。今まで何回か亡くなった猫や犬を見てきた。みんなこういう風に最期は横たわってる…。

病院でも体温は38度。低すぎる。いつも39度前後なのに。もしかして、もう体温が下がり始めてしまったのか!血液検査の結果、ヘマトクリットの数はぎりぎりだけど、白血球数はちゃんとあるので(ありすぎ!)、化学治療はできるという。

私の不安を先生に説明すると、先生は何度か体温を測定したが、~39度とばらばら。(針があたる位置によって違ってしまうらしい。)でも、38度以上はあるようだ。
“このまま治療中にどうにかなってしまうことはないですか?”と聞く。先生は大丈夫だろうというけど、こんな質問されたら先生も不安になるよね。それで何日か様子をみることにした。抗癌治療をしないから食欲が戻るかもしれないし、ということで。

それにしても体重。今回は1.84kgだ。先週よりも110gも減ってるよぉ~。先生もこれは限界だっていう。もっと食べさせるようにと。
先週はがんばるつもりだったけど、ちっちーがだんだん力づくで拒否するようになったので1回の量が少なかったかもしれない。
こんなに力があるからまだまだ大丈夫だって思いたい。でも、前にも書いたけど、「猫は最期までものすごく拒否するから、死んでから後悔する飼い主が多い。」って言われた(教えてもらった?)事が忘れられない。でも、私はまだ強制給餌を止められない。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-04-11 11:15

time really flies

f0039288_2038125.jpg毎日、毎日、ものすごい早さですぎていく。ちっちーが治療を開始してから3ヶ月。この3ヶ月のなんと早かったことか。今の1日は、元気だったときの何十日分もの重みがある。ちっちーと一緒にいられる限られた日、もっと、ゆっくり、ゆっくりと過ぎて行って欲しい。

今日は、薬を飲ませて1時間半後にお昼を食べさせようと思ってちっちーを押し入れから出した。ちっちーは、吐いてしまった。薬はまだ溶け切ってなくて、そのままでてしまった。ごめんね、ちっちー。なんのために、いやな思いして薬を飲まされたのか。自分が午後出かけるからってその都合でご飯の時間早めて。勝手な飼い主だね、本当に、ごめんね…。
f0039288_20381316.jpg
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-04-09 20:41

がんばれ!!ガンになったWanNyanたち

f0039288_20391017.gif


ちっちーがリンパ腫と診断されたときから必死でネットで動物のガンについて検索しました。そして辿りついたのが、この、“がんばれ!!ガンになったWanNyanたち”です。
そしてMLにも早速参加させていただきました。教えていただくことばかりで恐縮なのですが、でも自分一人では得ることが出来なかった情報を得ることができ、また多くの方が私と同じようにペット達のガンと闘ってることがわかります。
これからネットサーフィンして捜そうとしていたことも、このHPですでに紹介されているかもしれません。ご興味のある方、ぜひ一度覗いてみてください。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-04-09 19:48

すてきなプレゼント

下のかわいいカードを見て下さい!“ぼく 猫 ぴよひこ”の猫野みみさんが、こんなすてきな誕生日の贈り物をちっちーに作ってくださいました。あまりにもかわいすぎ~っ。こんなかわいいの今までみたことない~。

もっと猫野みみさんの作品をご覧になりたい方は、“風色の想い出・・・・・silent”へ。ちょっとぽっぽ似(太さが全然違うって)の、眉毛のある猫、風太君のステキなカードがたくさん見られます。(風太君は、お母さんの愛情に包まれて、昨年7月、多発性のう胞腎という病気で2歳で亡くなってしまいました。)

猫野みみさん、本当にありがとうございます!ちっちーとぽっぽも感謝しております。

f0039288_21354452.jpg

[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-04-07 21:39

やっと3歳です

f0039288_23521767.jpg今日は待ちに待ったちっちーの誕生日。ちっちーにとっては、3歳になったからって何でもない事だし、この誕生日も私が勝手に決めた日なんだけど、でも私にとっては、ちっちーが3歳になるってことがすごく重要だった。だって2歳で逝ってしまったらあまりにも早過ぎる。3歳だったらまだなぐさめられるって思ったから。できれば、4歳、5歳、そして20歳の誕生日も一緒にお祝いしたい。その予定だった。でも、現実を見ると、そこまでは無理。だから一緒に迎えることのできる誕生日は、大げさなくらい大事な日にしたい。
f0039288_23543397.jpg
f0039288_23553410.jpg今日は3件ケーキ屋さん回って、ケーキを買ってきました。欲しかったのはベリー類と生クリームがいっぱいのったのだけど無かった。でもどうしても丸いケーキにろうそくを立てたかったの。それで失業者にはきつい1300円もの予算オーバーで、それにイチゴしか乗ってなくて理想のとは違ったけど、これに決めました!(案外、丸いままのケーキって売ってないものなんですね。)
f0039288_23562367.jpgちっちーとぽっぽとケーキの写真撮りたかったけど、逃げられました。2人とも、ケーキを食べ物と認識されてないようです。
f0039288_025914.jpg











やっと3歳になりました


f0039288_23575262.jpg

[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-04-06 23:55

2歳最後の日

f0039288_1242325.jpg
昨日の夜のちっちー 見づらいかもしれないですが片手を1本伸ばしてます こうやって座るのが好きです




今日は朝から雨で、昨日に比べたら寒い!ちっちーとぽっぽがいる部屋にはエアコンかけてます。

明日は、いよいよちっちーの3歳の誕生日。(ちっちーは拾われたので実際の誕生日はわからないけど。)本人は全然誕生日なんて気にしてないけどね、飼い主としては、今年の誕生日には力入っちゃうのよ。
明日は、小さいけど丸くてかわいいケーキ買って(気に入ったのあればいいけど)、ちっちーのしこりが出来たときから、願を懸けて止めていた大好きな紅茶とワインを飲むんだよ~。って全部自分の事ばかり。
もちろんちっちーとぽっぽには、ナマモノ買ってくるけど、でもこれはいつもと同じで何も特別なことじゃないね。ちっちーにとって一番嬉しいことをするなら、それは強制給餌を止めることかな。でも、こればかりはできないので、明日は自力で食べて欲しい。

昨日は、夕方、小さな甘えびを2匹食べてくれた!これも小さな前進だね。

今週のホメオパシーの効果は、まだ正直言ってわからない。化学治療始めいろいろやってるから、どれが効いてるのか特定できない。ちっちーが劇的に変わったことってないし。でもなんとなく良さそうな気がする(これって結構大事かもしれない)し、特に“化学治療の悪影響を最小にするためのレメディ”は気に入ってるので、次回の分もお願いしようかと思う。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-04-05 12:09

ついに体重が・・・ (;_;)

f0039288_15245049.jpg やっぱりお隣が気になります



4月3日の昨日は、12回目の抗癌治療でした。
触診の結果、腫瘍は少し小さくなったとのこと。先週の半分の大きさよりも縮小度が少ないけど、大きくなってないので、これで良しとしましょう。でも、体重が…、ついに、1キロ台に。先週よりも-60gで、1.98kgとなってしまった。(泣)
自力では、まぐろをほんの僅かしか食べてないことを考えると、「飼い主さんが一生懸命やってるお陰です。こんなに食べないんだったら普通、数百グラム、一気に減ってしまいます。」と、先生に褒められてちょっと誇らしげな気分になるけど、喜んでる場合じゃない。
今使ってる薬“L-asparaginase”だってだんだん効かなくなってくる。そしたらもっと強い抗がん剤を使わなければならなくなって、その時に体重が減って体力がなくなってると困る。
今週は、「抑えがたい吐き気、ガンからくる消化器の不調、倦怠感に対する」ホメオパシーのレメディを処方してもらったのでこれが効いて自力で食べるようになって欲しい。

病院からの帰り、ちっちーの入ったキャリーバックを膝の上に乗せてたら、なんか腿が温かくなってくる。ちっちーの体温かと思ったけど、しばらくしてもしかしてと触ったら濡れていた。ちっちーのしっこだ。ペットシートを3枚も敷いてるのに、うま~くしっこがその隙間をぬって漏れ出したらしい。

f0039288_15265779.jpg今朝は早々に押し入れに入ってたので、強制給餌するためにむりやり出した。少しすると、「ベランダに行くから、窓開けて。」ってちっちーがやってきた。こんなの久しぶり。ベランダでは、また猫草かじってうろうろしてる。先週よりも調子いいのかな?こんな事もしてたし。





4月4日は友達の誕生日だった。15年来の友達。2004年4月の終わりに食道ガンで亡くなってしまった。この年の1月から体調崩してたけど、だれもガンなんて思ってなかった。だから、亡くなる数日前まで家にいた。ここ5年くらいは、彼女とはほとんど毎日2~6通くらいメールのやりとりして、一番身近な友達だった。こんなに早く死ぬなんて思わなかったな。この年は、私は会社の昼休み、一人で青山墓地に桜を見に行って、家にいる彼女にメールで報告したんだっけ…。

これは近所のさくら
f0039288_15291959.jpg
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-04-04 15:31

明日は12回目の化学治療

f0039288_1321567.jpg昨日の写真です 昨日はぽっぽと一緒にベランダへ


昨日までは、天気が良くて春って感じだったけど、今日は風が強い。雨が降るようだけど…。

最近あまり騒がれないようだけど、昨日はエイプリルフール。ちっちーの病気は全部うそだったよーんってことにならないかなって思ったけど、やっぱり無理だった。

おとといは、久しぶりにほんの少しだけどマグロの刺身を食べてくれ、そのあと水も飲んでました。これもほんの少しだけど。でも、涙が出るほど嬉しかったぁー。この勢いで自力で食べるようになりますようにと思ったけどそれは無理だった。
この頃、強制給餌も以前よりもパワーを増していやがるようになった。今朝は口に入れたシリンジをすごい勢いで手で払いのけられたため、ピストンを押す準備が出来ていた私の指は止まらず、ちっちーの胸にa/d缶だのフェロビタだのの混じったどろどろご飯がこぼれてしまった。
ご飯が飛び散って汚くなったちっちー。元気になったら1度、シャンプーに連れてってみたいな。

明日は、抗癌治療12回目。本当ならこれで今のプロトコルが終わる予定だったんだけど、予定通りには行かず。でも今まで11回も良く病院でがんばってくれたね。ちっちーありがとう。明日も病院で嬉しいこと聞ければいいな。

f0039288_1344517.jpg近所の公園で 
ぽっぽのような胸のトリ

[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-04-02 13:10