最期の日

f0039288_16505380.jpg
ちっちーがいなくなってからもう1ヶ月以上経つんですね。
この間、自分が何をやっていたのかわかりません。髪を20㎝以上切ったけどそれ以外は本当に何もやっていません。それにまだちっちーの死に向き合っていません。

最期の日の朝もいつも通りでした。これがちっちーと一緒に迎える最後の朝になると感じとることさえもできませんでした。

朝、いつも通り強制給餌をしました。そして昼過ぎ2度目の強制給餌。シリンジ1本弱を食べさせた後、ちっちーが苦しみだしました。誤嚥ではないと思います。ここ1週間くらいのうちに足に力が入らなくなってろくに歩けなくなっていて、ここ数日は寝返りはまだどうにかできるという程度にまでなっていました。そのちっちーがむりやり食べさせられた後、苦しそうに左右に体を動かし始めました。普通の力があったなら、もっともがいて七転八倒してたのかもしれません。それほど苦しかったのかもしれない、本当は。ただ自分で動く力がなかったから、立ちたいけど立てない程度にしか見えなかったのかもしれません。私はちっちーが吐きたいのだと思いました。寝たままはいたらノドに詰まって危ないと思ったのでちっちーを起こし、私の手でささえました。でも吐きません。息、というか鼻もスース―して苦しそうでした。もっと食べさせるつもりだったけど、恐くなって止めました。
30分、1時間、どのくらいだったか忘れましたが、ちっちーはもぞもぞしててずーっと苦しそうでした。きっと見た目以上の、ものすごい苦しみだったんでしょう。ここで気付くべきだったのに。気付かなかったバカな飼い主。そのうち、ちっちーが動くのを止めて、お腹がいっぱいで眠いというような楽な姿で寝るようになりました。それで私は安心してしまったけど、でも、夜の強制給餌はできませんでした。

夜10時半を過ぎてたでしょうか。ご飯は食べさせられないけど、せめてお水でもと思いました。何もわからず得意になってこんな気持ちになった私。無知って本当に恐い。寝ているちっちーをわざわざ起こして、水をシリンジで2~3滴ちっちーの口の横のほうから浅く入れました。本当に、ほんの2~3滴だったんです。そしたら昼間のようにまた苦しみ出しました。水じゃなくて毒でも入れられたみたい。たったの2~3滴でもがきはじめたんです。
昼と同じでじきに収まるだろうって思ったけど、でもなんとなく違う。もっと苦しそう。これはダメかもしれないって感じました。大きな声で、「ちっー!」って何度もちっちーを呼んだけど、ちっちーは苦しんだまま死んでしまいました。私のこともわからなくなって…。
この間、5分か10分くらいだったでしょうか。両目は開いたままでした。顔は苦しんだ顔ではありませんでした。でも、元気な時のように動けたらものすごくもがいて転げまわるほど苦しかったんだろうな。

f0039288_16514822.jpg
死期が近づいてたのはわかってたけど、でも最期は眠ったまま苦しまずにって願ってた。私が余計なことしなければ、強制給餌をもっと早く止めていれば、ちがう、強制給餌じゃなくて、お水を上げなければ数日後、または数時間後には、眠ったまま逝ってしまうことができたはず。
結局、世界で一番大事な子(の一人)を、最後は自分の手で苦しめて逝かせるという最悪の事をしてしまいました。

数年前からいやなことが続いて、この不公平な世の中に神様なんていないと思いました。だから、神様は私の一番大事な者をひどい目に合わせて取り上げたのかもしれない。それとも神様はいないから、ちっちーを病気にしたのかもしれない。
逃げ出したいけどその勇気もない私は、せめて良い人間にならなくちゃいけないんだろうなって思う。いつかちっちーに天国で再会するためにも。でもその前にここで会えたらいいんだけど。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-06-16 16:57

ぽっぽ&ちっちー人形

f0039288_15575826.jpgかわいい、かわいい“ぽっぽ&ちっちー人形”が届けられました。2人の特徴を全部持ったお人形です。しっぽの長さも、左右の耳の色の違い、背中のシミ、そしてなによりもちっちーご自慢の天使の羽根までも同じです!

ちっちーと同じリンパ腫で、でも、寛解記録を伸ばしつづけているピースケ君のママ、ピーママさんから頂きました。本当に本当にありがとうございます。このお人形がいればいつもちっちーと一緒です。(ピーママさんが、羊毛人形の小部屋のウェンディママに注文して作って下さいました。)

f0039288_1558505.jpgぽっぽも気に入ってしまったようで、ぽっぽからお人形を守らなきゃいけなくなりました。ぽっぽの可愛がり方は、乱暴なので…。(^_^;)

ちっちーは今頃、もっと大きな羽根を貰って自由に飛んだり走ったりしてるんでしょうか。ミントちゃんとも会っていろいろお話してるんだろうなぁ。ちっちー、そっちが飽きたら早く戻ってきてね。そして、今度はもっともっとずーっと一緒にいようね。



撮影中にぽっぽ乱入

f0039288_1683413.jpg

f0039288_15594651.jpg

日曜日、輸液の針などを返しに、ちっちーの獣医さんのとこに行って来た。受け付けに行くと、先生から話しがあるからちょっと待っててくださいって言われる。ちっちーが死んだことはまだ病院に報告してない。と言うかそこまで親しい関係じゃなかったし、病院でも気にしてないと思ったから別に言うつもりはなかったんだけど。でも、受け付けの人も私(ちっちー)のこと覚えていたんだなぁと感心。先生が来て、何の話しだろうと思ったら、既にちっちーが死んだ事、死んだ日まで知っていた。このブログでも探し当てて読んでたのかと思った。でも、動物霊園から連絡が入ったらしい。なんでだろう?霊園で病院名聞かれたから、病院の名前を言っただけで別に病院からの紹介でもなんでもないけど、病院と霊園で何か繋がってるんだろうな。話しは挨拶みたいなものだったけど、でも一応気にしてくれていたみたいで良かったな。(たんにこの病院のやり方なのかもしれないけどね。)余った薬は買いとってくれるらしい。でも、猫の保護活動をされてる方に役立ててもらおうと決めていたので、ひきとってもらおうとは思わない。
先生とちっちーの死んだこととか病気のこととか話してて、泣かなかった自分にも驚いた。診察室では今まで何度も泣いて、さりげなくティッシュペーパー出してもらってたんだけど。(^^ゞ
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-05-23 16:14

想い出がなくなりました

f0039288_237451.jpg
なんか変な感じです。
ちっちーのこと、思いだそうとおもえば、断片的に頭の中にちっちーが浮かんでくるんです。でも、現実にちっちーという子と一緒にいたという実感が全くなくなってるんです。
誰かとちっちーの事話したら、たぶん涙が出てくると思う。でも、今はちっちーというかわいい子がいたという事が、現実だったとは思えなくて、涙もでなくなりました。この3年間、私は本当にちっちーと一緒に暮らしてたの?

ちっちーがこの家にいる気配はなくなりました。ちっちーは体だけでなく、魂も私から離れていったのかもしれません。
f0039288_2382430.jpg

ちっちーのことで、同じリンパ腫のペットを持つ方々に余計な不安を与えてしまったかもしれません。ちっちーは、最悪に近いケースだったんだと思います。Felv陰性なのに、たった2歳でリンパ腫になってしまったちっちー。そんなちっちーにできた癌はとてつもなくたちが悪いものらしいです。
本当にまれなケースだって2人の獣医さんから言われています。だから、どうぞ心配しすぎないで下さい。ちっちーのような例もあったんだって思って下さいね。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-05-10 23:10

火葬しました

f0039288_2342011.jpg
棺に入れたお花です 淡いピンクの花ばかりにしました

ちっちーのこと、いろいろありがとうございました。
今日ちっちーを火葬してきました。ちっちーの小さな骨と一緒に帰ってきました。

昨晩はちっちーが死んでから、強制給餌でちっちーの体に飛び散ったご飯を落としてちっちーをきれいにしました。お湯の中に手を入れて洗ってもがーがードライヤーかけても、ちっちーはもう怒りませんでした。皮膚には8ヶ所もの大きな膿の穴があいていました。そうこうしてるうちに、最初は首がぐにゃぐにゃだったちっちーの体もだんだんと固くなってきました。
そして、ちっちーの物をできるだけ捨てる事にしました。強制給餌で使ったシリンジ、タオル、ちっちーのおもちゃ、爪とぎ等々…、ちっちーが今寝てるクッション以外は。でないと、後になるとどれも手放せなくなってしまうからです。3時過ぎまでガタガタやってました。
そしていつものクッションの上で寝てるちっちーの横で、私はちっちーの手を握って寝ました。


f0039288_2345695.jpg
動物霊園は以前、老猫かん太をお願いした深大寺にしようと決めていたので、今朝電話して今日の2時ということにしました。もう1日くらい一緒にいたかったのですが、明日は友引となるため(猫にも関係あるのかな?)、明後日だとこの季節を考えるとちょっと恐かったので今日にしました。このアパートから歩いて5分くらいのとこにも動物霊園があるのですが、あまりにも近すぎてそこを通るたびにちっちーを想い出すであろう事や、そこにある巨大な回転する仏像がなんとなくいやだったので、そこは避けました。

焼きあがって出てきたちっちーは、ちいちゃな骨になってました。自慢の長いしっぽがあったところには、同じ位置にものすごく細い骨が並んでいました。

ちっちーの火葬にも立ち会って、骨も自分で拾ってきたのに、ちっちーが死んだという実感が薄れてきました。こうやってパソコンをやってると、いつもの場所にちっちーがいると思って、ちらちらと見てしまいます。ご飯を食べていても、隣の部屋でちっちーが寝てるように思って気になってしまいます。
また、ちっちーといた3年間は、なかったように思えたりもします。
今は最後のほうの痩せた顔だけしか思い出せず、元気な時の横に丸かったちっちーの顔はなかなか浮かんできません。その幸せだった時期がなくなったと認識するのが恐くて、思い出さないようにしてるのかもしれません。
こんなかわいい子がいなくなったら生きていけるのかと思ったりもしましたが、私は今、普通に生活してます。1日中、泣き通しではありません。これから、徐々に悲しみが深くなっていくのかもしれません。

f0039288_2363116.jpg
紫色のが老猫かん太、オレンジがちっちーの骨です なぜかちっちーの方が入れ物が大きい 花を買ってから花瓶を持ってないことに気がつきました


コメント下さった方、メール下さった方、暖かい言葉をありがとうございます。もう少し、頭がはっきりしたら返事ができると思います。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-05-07 23:10

逝きました

さっき、ちっちーが死にました。
これからきれいにしてあげます。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-05-06 23:43

ついに3才と1ヶ月になりました

なんとか今日で3歳と1ヶ月になりました。よくここまで頑張ってくれてると思う。もしかしたら、このままの状態でも、まだまだ行けるんじゃないかなんて事も思ったりする。でも、それはちっちーにとっては、苦しいことかもしれない。

相変わらず食べないし、それに立つこともできなくなったようだ。少しずつできることができなくなってきてる。寝返りもそろそろ難しいかも。(;_;)
強制給餌は、だいぶ量を減らしてる。もう1回につきシリンジ1本分くらいが限度かな。毎日160カロリーくらいになってるかもしれない。だんだん抵抗も少なくなってきてるけど、まだ力を振り絞って顔を左右にぶんぶん振って抵抗する。手でもシリンジを払いのけようとするけど、以前に比べると全然力がないので、軽くタオルを体に巻いておけば大丈夫になった。それに、皮膚に開いた穴が恐くて強くタオルなんて巻けないし、抱きしめることもできやしない。時々、シリンジで口に入れた後、動かなくなるので、ノドに詰まらせたかっとびっくりする。強制給餌が原因で…、なんて事になったらどうしようもない。

f0039288_11125682.jpg
こうやっていやがる強制給餌だけど、食べさせられた後は、なんとなく気持ち良さそうな、“お腹いっぱい~”っていうような格好で寝てる事があるので、そういう時はやって良かったかなと思う。





昨日の夜は、左目の上の骨から耳にかけて、内出血してるようなのを発見。起きあがろうとしてドサッと倒れた時にぶつけたんだろうか。そのほうがまだいい。ここからも穴があいて膿がでてくる、なんてことがありませんように。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-05-06 11:15

吐く力も・・・

f0039288_23455122.jpg
今日もトイレで力んだあと、倒れてトイレから出してもらいました 疲れたので一休みしてるとこです

今日は昨日よりも悪くなってない、そう思えた。だから、朝からいつも通り強制給餌をした。夜、私がご飯を食べてると隣の部屋からちっちーの視線。力がないから箱座りもできないけど、横になりながらも頭を持ち上げて私を見てる。もしかしてご飯の催促かと思って、うにを持って行くと、ぺちゃぺちゃ舐めてる!でも感覚がないんだろうか。鼻もお皿に埋めてる。舐めてる割にはほとんど口に入ってないけど、でもそれでも全然だめだった昨日よりもまし。

夜、11時頃、おそるおそる今日最後の強制給餌。今までよりも量も少ないし、ノドの通りが良いように液体に近い。それも無事終了して、あとは傷を消毒して寝るだけだーと思ってお皿を洗って一息ついたら、ちっちーは横になりながら吐こうとしてる。「クッ、クッ」と音を立てて首を前にして吐こうとしてる。何回かこの動作を繰り返した後、ようやく小匙1杯ほど、さっき食べさせられたものを吐いた。もっと吐きたかったんだろうけど、そのままドサッと横に倒れた。もう吐く力も残ってないみたいだ。ひーん、早く、吐く前に全部吸収されますように。(;_;) 恐くて傷も消毒できないよ・・・。 f0039288_23483845.jpg
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-05-03 23:52

昨日よりも今日は

f0039288_2361785.jpg
昨日は暖かかったのでベランダで水も飲みました

昨晩、皮膚に新たな穴を発見。押すと中から膿がたくさんでくるので今日はまた病院に連れて行こうと思ってた。今朝になって、その穴は見た目は昨日以上にひどくなってなかった。少なくとも外側、目で見える範囲では。だから、病院行きは止めることにした。もう、できるだけちっちーのいやがることはしたくない。

朝、電解質液を飲ませるけど、すぐに出した。昨日よりも今日はまた悪くなってる。息もフゥー、フゥーって感じ。強制給餌もためらってしまって、お昼になったらやろう、やっぱり3時になってから、夕方にうにを食べなかったらにしようとか伸ばし伸ばしにしてしまった。今日は夕食に、うに、甘エビ、マグロを出したけど、全滅だった。もう、よけいなことしないでこのままにしておくべきか迷ってたけど、やっぱり夜遅くなって強制給餌してしまった。いつもの半分弱の量。しかもいつもより水の量が多くて液体に近い。それでも飲み込むのが、大変になってきてるのがわかる。一生懸命首を、くっ、くって感じで前に出して飲み込んでる。

f0039288_23133615.jpg
今はこうやって夏用のクールボード(?)の上にいます


天気が悪かったので、ベランダには出せなかったから、せめて外だけでも眺めさせてあげようと思って抱っこしてベランダに出た。抱っこされたまま、首を下げたままだった…。

今日はずーっとクッションの上で横になってたのに、夜になってろくに歩けもしないのに、よろよろと降りてこようとする。たぶん、トイレだろうと思って連れてってトイレの中におろすと、ろくに立つ力もないハの字に開いた前足で、少しだけふんばったあと、トイレの中で横に倒れた。もう座る力も残ってない。ちっちーをどかすと小さなウンチが落ちていた。もうクッションの上でもどこでもおしっこもウンチもしていいよって言ってるのに、ウンチだけはまだちゃんとトイレでしようする。(何度もウンチ、ウンチとすみません。)
明日はどうなっちゃうんだろう。もうお別れの日は近いのかもしれないけど、でもそんな気はしない。まだまだこの状態でも、側にいてくれるんじゃないかって感じる。
今度の土曜日で、3歳と1ヶ月になる。たった4日後のことなのに、すごく遠いことのように思える。3歳の誕生日の時は、まだ押し入れの上段に積み上げてあるケースの上にまで飛び乗っていたんだなぁーとぼんやりと考えてしまう。

f0039288_23145979.jpg目立たないと言われ、気を悪くしてるぽっぽです
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-05-02 23:19

5月の最初の日

今日はとても暑い日でした。ぽっぽは昼間1日中かごの中でずーっと寝てて、夕食時になって起きてきました。(^_^;)

ちっちーは、力がはいらないでハの字に開いてしまう前足で、ふらふらしながらもベランダに出てきました。そして久しぶりに自分で水を僅かだけど飲んでました。
でもこの暑さ、ちっちーにはつらいんだろうなァ…。お腹に腫瘍が見つかってからちっちーは冷たくて固いところを好むようになった。今まで冬は必ず私と一緒に布団の中に入って寝たのに、この冬、腫瘍が見つかってからは、寒い夜でも布団の中に入ってこなくなりました。今日、ある人から聞いた話だと、ガン患者(ヒト)は表面は冷たくても、体の中はものすごく暑くなってしまうそうです。だから着ている物を脱いで涼しくなろうとするそうです。

皮膚に開いた穴は、縮まりはしないけど、剥き出しになった肉は乾燥してきました。新たな膿が外に出てきてないので、もう中も膿んでないのでしょうか。
全体的に、昨日よりも弱ってきてるように感じますが、夕飯にまた特大うにを1枚食べてくれました。でも今日は、半目で瞬膜がでたままでした。寝てるような顔で口だけ動かしてたって感じです。飼い主以外の人が見たら、恐いかもしれないです。
輸液ができないので、水分補給に電解質液をシリンジで飲ませてます。弱ったせいでちっちーの抵抗が少ないので、以前よりも口から飲ませることができるようになりました。(^_^;)

ちっちーの皮膚の穴のあいてる写真、載せないつもりでしたが、何かの役に立つかもしれませんので、あえて載せることにしました。
f0039288_221562.jpg

f0039288_22154427.jpg
f0039288_22163871.jpg

[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-05-01 22:21

また、病院へ

今朝、強制給餌後、ちっちーの後ろ足の付け根あたりから、膿が出てるのを発見。皮膚に穴があいて、膿がたくさんでてる。即座に病院。
後ろ足だけじゃなかった。4本の足全てから皮膚が穴あいて膿がでて、外側から見える以上に中は膿だらけ。特に腰がひどい…。

床ずれしそうな場所の皮膚から膿がでている。でもまだ床ずれするほど動けないわけじゃないので、ステロイドで皮膚が弱ったのが原因だろう。最悪、敗血症で死ぬらしい。
皮膚に穴があいてるので輸液も中止。口から飲ませるようにとのこと。

良かったことは、体重が増えてた。1.82kgになっていた。4/17よりもプラス0.06。

病院から帰ってきても、キャリーから出ようともしない。横になったまま眠ってるちっちー。全く、なんでちっちーにひどいことばかり起こるんだろう。どこまでちっちーをいじめれば気が済むんだよと思う。

今朝は、家から電話で、レオが死んだという連絡。大型犬(ジャーマンシェパード)にしては長生きで、まだまだ弱ってはなく病院の先生も珍しいと言っていたのに。13歳だった。心臓が原因らしい。でも死ぬ数日前まで、自分で少しだけどご飯食べて、歩いておしっこしてたという。
ちっちーのように弱って次々と体が悪くなって逝くよりも、最期直前までわりと普通に生活できていたレオのほうが良いんだろうな。自分だったらレオのように死にたい。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-04-29 12:40