「ほっ」と。キャンペーン

桜の想い

去年の今日、4月6日は、ちっちーの3歳の誕生日のケーキを買うため、成城学園駅周辺のお菓子屋さんを何件か見て回った。結局、イメージしてたものとはちょっと違って予算もオーバーしたけど、イチゴが乗っててチョコレートでメッセージが書ける丸いのを買った。今まで猫の誕生日にこんな大きなケーキを買おうなんて思ったこともなかった。でもこれがちっちーの最後の誕生日だってわかってたから、想い出になるように盛大にお祝いしたかった。だけど、ちっちーがいなくなった今、命日以外にも思い出して悲しむ日を作ってしまったように思える。今年もケーキを買おうかって思ったけど悲しくなるだけだからやめた。泣き泣きケーキ食べたくないものね。命日にお花も買わないと思う。
デジカメのメモリーカードがいっぱいになっているから、ぽっぽの最近の写真が撮れません。PCに保存すればいいんだけど写真を見る気になれない。でももう少ししたら、プリントしてPCに保存して、そして消去しよう。生きてるってことは、こうやって少しずつ整理していくんだよね。物も心も。

f0039288_1235936.jpg
携帯で撮りました。


2週間後に引っ越しをします。この地域に住んで10年以上経つので離れるのはやっぱりさみしい。引っ越し先はここからバスで約30分です。距離はそれほどじゃないんだけど、今とはずいぶん環境が違うかな。ここに引っ越してきたときのぽっぽを思い出しまたあれを繰り返すのかと考えると、はぁーと溜息がでる。(3日間飲まず、食わず、トイレいかず、はぁ~~)このマンションにいたのは4年弱。入るときはちっちーもいたのに。ちっちーを拾ったばかりの引っ越しで、ぽっぽとちっちーの部屋を分けるため、限られた予算で2部屋完全に分けられて両部屋にエアコンがつけられるマンションを探すのにすごく苦労した。なのに、出る時はちっちーはいないんだね。こんなことになるなんて考えもしなかったよ。まだまだ、ちっちーがいないことに慣れないなぁ。

この前初めて、「神様、ちっちーを返して下さい。」って言った自分に驚いた。今までそんなこと考えたこともなかったのに。神様のこと信じてたの??
きっと、ちっちーが死んでしまった悲しみはいつまでも消えないんだろうな。そして自分が人生の最期に来て(一週間先かもしれないし、20年、30年後かもしれない。)、もう何にも闘わなくて良くなった時に、ちっちーという子に出会えた喜びや短かったけど一緒に暮らした眩しい涙が出るほどの幸せが、失った悲しみを追い抜くのだろう。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2007-04-06 01:22

2006年の終わりに

あと30分足らずで今年が終わる。
今までの人生の中で一番早かった年かもしれないし、なかったことにしたい年。

今年はちっちーのことでは、ブログでしか知らない方たちから、サプリなどをお送り頂いたり、海外へレメディーを頼む時ちっちーの分も一緒に頼んでくれて代金は商品が来てから(カード払いなので引き落としがあるまで正確な金額がわからないということで)とか、ちっちーに効きそうなサプリをわけてくださるとか申し出てくださったり、このブログにやさしい言葉を残して下さったりと、悲しくて泣く事も多かったけど、ヒトのやさしさで泣いたことも多かった。本当に、本当にありがとうございました。


超大金持ちじゃなくてもいいから(できればなりたいけど)食べるに困らない程度のお金があって、多少の不満や不安はあっても、愛する者が側に居て平凡な日々を過ごせる事…。これが私にとっての幸福な日々なんだなぁーって思います。予想外に早く愛するものが半分いなくなってしまった今、どうして良いのかわかりませんが、どうにかなっていくのでしょう。

下記は大好きなAnne Shirlyの言葉です。幸福な日々ってこんなことなんだって思います。

I believe the nicest and swwtest days are not those
on which anything very splendid or wonderful or exciting happens
but just those that bring simple little pleasures, following
one another softly, like pearls slipping off a string.




来年がヒトと動物にとってやさしい年であって、権利を侵されることなくそれぞれの寿命をまっとうできますように。こんな日には全てのヒトや動物が寒さと空腹で苦しむことがありませんように。

今回は恒例の(?)「2年に渡ってぽっぽとちっちーを抱っこする」はできないけど、ぽっぽだけ無理やり抱っこします。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-12-31 23:53

にゃあすけ君

心配で何度ものぞいてたももりさんのブログ。さっき行って驚いた。にゃあすけ君が今朝亡くなったとの報告だった。
ちっちーと同じ頃、今年1月にリンパ腫の治療を開始したにゃあすけ君。体重が6キロもある大きな子だった。薬が効き過ぎるくらい効く子で副作用も強かったけど、治療プロトコルが終わる前に寛解して、リンパ腫の子とは思えなかった。なのに、ここにきて貧血がひどくなって体調が悪くなってしまった。体重だってまだ5キロ後半をキープしてた。だからどうにか貧血をコントロールできて、また元気になってくれるんじゃないかって思って、願ってたのに。ももりさんの目標の1年まであと少しだったのに。にゃあすけ君と一緒に年を越すことを願っていたのに。これがリンパ腫なのか…。

私は夕べから悲しくて、夜何回か目が覚めては悲しみの中にいた。一昨年くらいから続いてるけど、今年は特につらい年だったな。もう、「来年こそ良い年に」なんて思う気持ちもない。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-12-30 10:57

ショーちゃん

今朝、oshareさんのショーちゃんが亡くなった。やっぱりちっちーと同じリンパ腫。
しかもお腹の中に腫瘍ができてちっちーと同じだった。でも治療法が違った。ショーちゃんは、先に手術で腫瘍を取ってからの抗癌剤投与となった。ちっちーも最初はそのはずだったけど、手術予定日の前日に、病院から手術はせずに抗癌剤のみで治療をするという連絡があった。(この時点で既にステージ4であったこと。若くて進行が早いことなどが原因だろう。)

お腹に腫瘍ができた子は、平均1~1.5ヶ月の余命と先生に言われた。でもショーちゃんは8ヶ月もがんばった。良い腫瘍認定医に治療を受けてた事もあるけど、oshareさんが一生懸命がんばったからだと思う。8ヶ月の看護。大変だったと思う。その最中は感じてなくても、かなり神経をすり減らして、体力もお金も使った事と思う。(でもお金は働けばまた戻ってくる。)
oshareさん、ショーちゃん、お疲れ様でした。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-11-08 18:28

小和ちゃん

Tomokoさんの小和ちゃんが今朝、虹の橋に行ってしまいました。
小和ちゃんの大好きな、Tomokoさんのベットの上でみんなに見守られて逝ったそうです。
ちっちーと同じリンパ腫でした。
小和ちゃん、小さい体でがんばったね。また生まれ変わってTomokoさんに会おうね。

去年末、ちっちーがリンパ腫だとわかってから必死でネット検索して、Tomokoさんのブログに辿りつきました。ちっちーのが後から発症して、先に逝ってしまいました。なぜ、なぜリンパ腫なんてあるんだろう。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-11-07 22:49

今日で半年

今日でちっちーが逝って半年になりました。今までの人生の中で一番早くすぎた半年でした。まったく生産性のない日々です。
まだちっちーの写真を見ることができません。あの子と一緒にいた事実でさえもなかったことにしてるみたいです。だから、いつまでたってもダメなんだなぁ…。こう言う時は、すべてがうまくいかないのか、10月初めに髪を切ったら(ちっちーが死んでからなんと3回もカットをしました。半年に3回も美容院に行くなんて私にとっては新記録です。)、ちゃんと写真を見せてこう言うふうにカットしてと言ったのに、できあがりは卓球の愛ちゃんのようなショートカット(こんなに短くしてとは言っていない!)で頭の横まわり(鉢)の部分が盛り上がってしまって、鏡を見るたびにいやになってます。

10月末からぽっぽは軟便が続き、治ったと思ったら数日後にまた軟便数回の繰り返しでとても心配しました。食欲も落ちてるし。この軟便がもしかして大きな病気の兆候なのかと、去年のちっちーの事と重なって気が狂いそうでした。(軟便くらいで大げさかも知れないけど…)
病院には、大暴れするからつれて行きたくない、それに治らない病気だって判ったら怖い、でも今だったらすぐに治る病気だったら…、などなどいろいろ悩んだあげく(大げさな)、便を持って行く事にしました。結果はキャンベロファクターとかいう大腸菌が増えてるとかで、抗生剤と整腸剤を貰ってきました。飲ませてからも軟便が1回出たけど、今日は大丈夫。これで止まってくれると良いんだけど。

「腫瘍のせいで軟便になってるんですか?」「その大腸菌が増えたのは腫瘍のせいじゃないですよね?」という私のバカな質問に対する答えは、丁寧な口調ではあったけど「腫瘍があるかどうかは、腸を切ってみないとわからない。」という返事。そりゃぁそうだろうけど、せめて、「軟便はおそらくこの大腸菌のせいでしょう。」くらい言って欲しかったな。この先生、しつこいようだけど、体全体を触診しないで、ちっちーのお腹の腫瘍を見逃した人。やっぱり私とは相性が悪いのかもしれない。

ちっちーのことを書こうと思ったけど、かけなくなってしまいました。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-11-06 00:19

リンパ腫の兆候?

  老猫カンタの尻尾で遊ぶぽっぽf0039288_116666.jpg

今日でちっちーが死んで4ヶ月になりました。本当に4ヶ月もあって、その間私は生活してたのと思うくらい早かった。
4ヶ月――ちっちーが抗癌治療してた時とほぼ同じ日数。そのガンと闘っていた、たった4ヶ月に全てが凝縮されていたような感じがする。

今日も「がんばれ!!ガンになった犬猫たち」のMLで、虹の橋に行ってしまった子達のメールを受け取る。私と同じような思いでガンになった愛する子達を見ていた飼い主さんたち。ちっちーの事と重なって悲しくなる。

ガンは早期発見が重要でそれが一番の治療とかいう。ちっちーのしこりが見つかって病院で細胞診でリンパ腫との結果がでるまで約1週間かかった。結果は電話で聞いて、その時に先生から来月初めにガンに詳しい先生が病院に来て勉強会をするのでその時に前回採取したしこりの細胞を診てもらうからそれで良いかと聞かれた。パニック状態の頭でそれでお願いしますと答えてしまった。その勉強会は2週間も先の事だったのに。結果はやっぱりリンパ腫だった。それからの治療だったので、これで2週間は治療開始が遅れた。
最初にしこりを診た先生は、メス猫だから乳癌だけしか疑わないで、体全体を触診しなかった。だからお腹の中に大きな腫瘍があることに気がつかず、皮膚のすぐ下にできたしこりだけの細胞診しかしてなかった。勉強会の結果を聞いた後、これからの治療の相談をしにちっちーを病院に連れてった時、別の先生がちっちーの体全体を触って、初めてお腹の中に大きな腫瘍があることがわかった。(この腫瘍が原発だった。)
治療は、その腫瘍がリンパ腫からくるものかどうかを調べてからと言うので、腫瘍の細胞を採って、レントゲン、超音波検査などをして、しこりと同じリンパ腫である事がようやくわかった。
先生のこと怒っていないし、あと2~3週間早く治療を開始してればちっちーは寛解していたかもと思うのは悲しいので(多分、それもないと思うけど)、この事は考えないようにしてる。
でももし、猫の体にしこりやおできのようなものが見つかって病院で診てもらう場合、先生の手で体全体を触診して他にないかどうか絶対に診てもらわなければいけないと思う。

今から思うと、去年の夏頃からちっちーが頻繁に水を飲むようになった。去年の6月までは私はフルタイムで仕事していたから、単に気がついてなかっただけなのかとも思った。(そう思いたかった。)
この時はガンなんて思いもよらず、腎不全が心配だったので尿を採って病院で検査してもらったところ、比重は正常値だった。雑菌が混じっていたが、前日に採取した尿だから(一応冷蔵庫に入れといたんだけど)と言う事だった。最近水を良く飲むようだと言ったら、「まだ若いから腎不全は考えられないし…。」と言う事で終わってしまった。(この先生はちっちーのお腹の腫瘍を見過ごした人。相性が悪かったのかもしれない。)
水を良く飲む=リンパ腫の症状というよりも、この時には腎臓にまでガンが広がっていたためかもしれない。(今年1月の超音波では、腎臓に転移の可能性有り。)
FIVとFeLVが発症した場合の症状の一つに、水を飲む量が増えると書いてあるHPもありました。(ちっちーは病院のキットの検査では陰性だったけど。)

ちっちーのご飯は制限してなかったけど、全然太らなかった。避妊手術後は、ちょっと体重が増えたけど、それでも室内飼いの猫としては細かった。猫として理想の体系なのかなと思っていたけど、その太らない(太れない?)理由が病気と関係あったのかな。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-09-06 01:19

3ヶ月

暑いので床の上にいます 私の足の指も写っちゃった


f0039288_22291073.jpg
早いですね。今日でちっちーが逝ってから3ヶ月が経ちました。1月の初めにちっちーの抗癌治療を開始してから4月の3歳の誕生日までと同じ3ヶ月です。この時は毎日必死で、そして1週間後が本当に来るのかと思えるほど遠い先の事のように感じてました。
でも、3ヶ月ってこんなにも短い時間だったんですね。
去年の今頃は、ちっちーは元気で病気とはまるっきり無縁で、来年の夏にはちっちーがいなくなってるなんて想像もしませんでした。

まだちっちーの写真は見れません。思い出しそうになると、すぐに止めるようにブレーキをかけてしまっています。こうすると、元気なちっちーが今は押し入れかどこかで寝てるだけのような感覚でいられます。

ぽっぽは元気で、偏食わがままぶりを発揮してくれてます。相変わらずメサジル拒否、メチオニンタブ拒否、ブラッシングはいやーです。でもこんなぽっぽがいてくれて良かった。心からそう思います。

5~6年前の写真 ゲートウェイの箱と同化してます
f0039288_22321325.jpg

私は、前歯もそろそろ治りそうなので社会復帰しなければ…。面接用のスーツも買ってあるというのに。
でも、新しいこと・人全てが怖く思え、1歩踏み出すのに躊躇しています。それでも手始めというか、社会復帰の訓練(?)として、再来週から通訳クラスお試しコースの1週間の夏休み集中講座に参加します。予定ではもう一つ上のレベルのクラスに入るはずだったんだけどダメでした。このクラスから目指す通訳クラスまでは、まだまだ遠い道のりです。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-08-06 22:34

リンパ腫の原因

老猫かん太です 笑いながら寝てます  
f0039288_2044365.jpg

なぜ、元気いっぱいでしかも白血病陰性だったちっちーが、わずか2歳でリンパ腫になったのか。今も疑問に思ってます。病院では今更原因がわかっても…、と言われました。原因が何でも治療は変わらない、でも、なぜちっちーがリンパ腫にならなければいけなかったのか。大事な子を奪うことになる病気の原因を知りたかった。それに今後のための(また猫を拾ったとき?)何かの参考になるかもしれないし。2ヵ所の病院で聞いた所、こんなに若くて白血病陰性でリンパ腫になった子は見たことなく、極めて珍しいとの事でした

病院で考えられる原因は、1)FeLV陽性だったけど陰転したが、ウィルスが残ってしまった。2)そういう体質(遺伝)、と言う事でした。ネットで調べても、やっぱりリンパ腫の主な原因は白血病ウィルスと言う事でした。あと副流煙が原因となる場合もあるようです。

ちっちーは拾った翌日(推定年齢1ヶ月半)のウィルス検査で白血病、エイズ共に陰性でした。そしてリンパ腫と診断されてからの検査(2歳8ヶ月)でも陰性でした。
赤ちゃん猫のとき、または感染してすぐの検査では、正確なことはわからず陰性とでる事があると聞いてます。(検査にでるのは感染後3~4週間以降)と言う事は、ちっちーはこの時は既に感染していたんでしょうか?陰転するのは早すぎますよね。感染してるとしたら母子感染以外にはありません。そして一緒に暮らしているうちに陰転したのでしょうか。

検査キットはかなり正確ではあるけど100%ではない、また検査キットの違いによって結果が違うことがあるということが書いてあるHPもありました。そうだったら、ちっちーは白血病だったのかな。たまたまかかりつけの病院の検査キットでは陰性になったけど…。
先生に、検査キットで陽性とでない事もあるかと聞いたら、そんなことは無いでしょうと言う事でしたので、万が一そういう事があるにしても、ゼロに近い確立なんでしょう。(なのでこれを読んで不安になった方、心配しないで下さいね。だってちっちーのような例自体珍しいのですから。)

飼い主(私)のストレスが、心にたまっていた物が、ちっちーに腫瘍を作らせたのかなと思っていました。それしか理由が考えられなかったからです。

などなど、いろいろと可能性はあるけど、やっぱりどれが原因だったのかわかりません。
今も“何で?”っていう気持ちは消えません。もうちょっと一緒に、暮らしたかったな。

あと、ちっちーの皮膚に何ヶ所も開いた膿の穴ですが、私はステロイドのせいか、私がやった輸液のせいかと思いました。治療した先生は、床ずれじゃないかって言いましたが(それは絶対にありえません。まだ寝返りはどうにかうてましたから)、別の先生によると、それほどの強いステロイドは使ってないので癌が皮膚に転移(?)したんじゃないかって事でした。私もそうじゃないかなって思います。
[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-08-02 20:06

ぽっぽ 9歳

拾った日。こんな生き物でした。   


f0039288_16371270.jpgぽっぽを拾ったのは1997年6月30日。そのとき生後1週間前後ということでした。それで、誕生日は、6月20日と決めたので今日が誕生日なのでした。拾った日以外は覚えていなかったので、なんとなくそろそろだろうとは思ってたけど、忘れてた。ぽっぽ、ごめんよ。f0039288_16352487.jpg
偶然にもさっき買ってきたまぐろの刺身でお祝いしよう。(^^ゞ
ここんとこ急に暑くなったから、食欲あるかな…。

ちっちーがいなくなってからのぽっぽは、なんとなく遠慮してたものというか何か押さえつけてたようなものがなくなったようで、「ひゃっ、ひゃっ、ひゃっ」と鳴いて私を起こしたリと、自由になったような感じ。2匹は夜中や明け方追いかけっこしてたけど、すごく仲が良かったわけじゃないのでお互いの領域を侵さないようにうまく一緒に生活してたんだろうな。f0039288_16534651.jpg

先々週、ぽっぽの尿採取に成功したので、病院で検査してもらいました。ペーハー高め。ストルバイト結晶有り。病院に行く前に家で“ウロペーパー”で試しにやってみたときもペーハーは高かったのでやっぱりって感じ。尿を採取する前の数日は毛玉のせいか、カリカリ(下部尿路疾患対応食と書いてありメチオニンやクランベリーパウダーが入ってる)をほとんど食べてなかったのでそのせいで尿がアルカリに傾いてたのかな。
実はぽっぽのストルバイト結晶は、4年前に見つかった。この頃に今のカリカリに替えたと思う。そして、メチオニンタブ(尿を酸性化させる作用があり)というスナックのような物をしばらくは食べてくれたので結晶が消えたこともあった。でもメチオニンタブを急に食べなくなって結晶がまた出てきた。今は様子見の状態だけど、結晶はこのまま増えもせず減りもせずで、ぽっぽはずーっと結晶持ちなんだろうか。
f0039288_1640154.jpg今回再度買ってみたメチオニンタブ。食べたのは初日だけ。一気に3個も食べてくれたのでやったーと喜んだけど、次の日からは見向きもせず。毛玉対策にも流動パラフィンとかグリセリンでできたフェロビタみたいのを買ってきた。これも食べないので、口の周りにつけてやった。それとブラッシング。写真のように抵抗するけど、ぽっぽのため。噛まれても嫌われても止めない。
f0039288_16404071.jpg

[PR]

# by cat-in-wonderland | 2006-06-20 16:44