「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

また、病院へ

今朝、強制給餌後、ちっちーの後ろ足の付け根あたりから、膿が出てるのを発見。皮膚に穴があいて、膿がたくさんでてる。即座に病院。
後ろ足だけじゃなかった。4本の足全てから皮膚が穴あいて膿がでて、外側から見える以上に中は膿だらけ。特に腰がひどい…。

床ずれしそうな場所の皮膚から膿がでている。でもまだ床ずれするほど動けないわけじゃないので、ステロイドで皮膚が弱ったのが原因だろう。最悪、敗血症で死ぬらしい。
皮膚に穴があいてるので輸液も中止。口から飲ませるようにとのこと。

良かったことは、体重が増えてた。1.82kgになっていた。4/17よりもプラス0.06。

病院から帰ってきても、キャリーから出ようともしない。横になったまま眠ってるちっちー。全く、なんでちっちーにひどいことばかり起こるんだろう。どこまでちっちーをいじめれば気が済むんだよと思う。

今朝は、家から電話で、レオが死んだという連絡。大型犬(ジャーマンシェパード)にしては長生きで、まだまだ弱ってはなく病院の先生も珍しいと言っていたのに。13歳だった。心臓が原因らしい。でも死ぬ数日前まで、自分で少しだけどご飯食べて、歩いておしっこしてたという。
ちっちーのように弱って次々と体が悪くなって逝くよりも、最期直前までわりと普通に生活できていたレオのほうが良いんだろうな。自分だったらレオのように死にたい。
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-04-29 12:40

復活も難しいね

おとといは、何週間ぶりにまぐろをほんの少しだけど食べてくれ、このまま復活かと思わせたちっちー。でも、そんなにはうまくいかないようです。

昨日は嬉しくて夕食用に、まぐろ、ほたて、うにを買ってみたけど、まぐろは舐めただけで、ほたてはほんの小さな切れ端を口の中に入れた程度。(うには今晩ね。)それでもいままでに比べたら雲泥の差?舐めてくれただけでも良しとしないとね。でもこれでまだちっちーは生きるのを止めたわけじゃないんだなって思えた。だから強制給餌は続けるよ、ちっちー。

f0039288_1573253.jpgでも、足にだんだん力がなくなってきてる。昨日から、特に床の上では、まるで生まれたての子馬やバンビみたく前後共、足がハの字に開いてしまって、力が入らなくて4本の足で立つ事すら簡単にはいかなくなってきた。もっともっと食べさせなきゃいけないのかな。でも、また軟便になるのも恐い。
そんなふらふらの足でも、今日もベランダに出てきた。今、気持ち良さそうに眠ってる。




f0039288_1510326.jpgぽっぽは家の中の高いところで丸まって寝てます
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-04-28 15:14

復活のきざし?

昨夜、ぽっぽにマグロを上げたあと、試しに押入の中にいるちっちーにもあげてみた。あっ、舐めた!きゃぁ~~~、一生懸命舐めてるよぉ。口に入ったのはほんの僅か。小指の先ほど。でも、自分で食べたのって何週間振り??あと、カリカリも2粒ほどだけど食べた。
もしかして、もしかして、元気を取戻してくれるのかな。気のせいか目もしっかりしてきたように見える。でもその後、昨日は何も食べず、今朝も食べなかったので、これ以上食べるまで待つのは恐かったから、今朝は強制給餌をした。

f0039288_11303638.jpg
明け方、ちっちーがいつも寝てるクッションの上にいなかった。押し入れも、トイレの中もいない。心配だったけど、眠かったので、そのうち出てくるだろうと思って、寝に戻るため毛布をひっぱった。ちっちーが毛布から転がって落ちてきた。私の上で寝てたのか…。軽くて気がつかなかった。(踏まなくて良かった。)以前は毎日私の上で寝てたちっちー。これも良い前兆かも…。
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-04-27 11:31

4ヶ月が経ちました

f0039288_17515239.jpg
今日のご飯な~に~



去年の12月25日に、細胞診結果“リンパ腫”と宣告されてから、4ヶ月。先月は、4ヶ月目はあるんだろうかって思ってたけど、昨日どうにか4ヶ月を迎えることができた。ちっちーは本当に強い子で、がんばってくれている。いろいろと文句も言いたいだろうけど、とにかくまだ一緒に居てくれている。

おとといは、欲張り過ぎかと思ったけど、ちょっと多めにちっちーに食べさせた。明け方、軟便…。
病院に輸液セットをもらいにいくついでに検便してもらった。ちっちーの場合はガンのせいで消化器官から出血することがあるから。先生も毎回それを気にしていて、私に便の状態を聞いていた。検便の結果は、腸内細菌のバランスが崩れたとかって事。やっぱり食べさせ過ぎが原因か。ごめんね。
おしっこは、トイレ以外でするようになったけど、まだうん○はトイレでしてくれる。良かった。

今日も輸液成功。(ってあたりまえか。)輸液後は疲れるのか、輸液用のベットの中でしばらく寝るちっちー。液溜まりはまたすぐになくなった。(^_^)

おととい、久しぶりにまたたびの粉を舐めた!もしかして、ちっちー復活するかもって思えるようになった。(それで張りきって食べさせすぎてしまったのですが…)吐き気も止まってるし。
大勢の方から送って頂いてるパワーが、ちっちーに作用し始めてるのかも。

f0039288_17523912.jpg
ちっ、100円引きのまぐろの刺身か…
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-04-26 17:56

病院に行かない月曜日

f0039288_1422258.jpg
今、私から見えるところで、ローズマリーの側で眠ってます


通常なら今日は病院で抗癌治療の日。でもちっちーの化学治療は今は休止してるので、今日は病院にいかないで済んでます。

輸液もどうにかやって、強制給餌もして日々が過ぎて行きます。体調は、急激に悪くなってるようには見えないけど、体重は減り続けてるんだろうなぁ。なるべくカロリーの高そうなもの(a/d缶、チューブダイエット、フェロビタ、ニュートリカル等)を食べさせてるけど、こうやって減って行くってことはこれじゃだめなのかな。かといって、これ以上の量をお腹に入れることも難しいし…。
ここ数日でトイレを使うことはなくなりました。
先週は化学治療を止めて2週目だったけど、1週間で1度しか胃液を吐いていません。それまでは1日に、~5、6回くらい白い泡(たまに血が混じる)を吐いていたのに。ガンのせいかと思ってたけど、抗がん剤の副作用だったのかな。もっと早く化学治療を止めてたら、良かったのかなぁ。でも、早く止めてたら腫瘍は大きいままだったし…、考えてもしょうがないね。f0039288_14291582.jpg


ひっくり返って寝てるぽっぽ
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-04-24 14:32

輸液も慣れてきて・・・

送っていただいたレメが気になるf0039288_12243486.jpg
輸液も2回目は、だいぶ慣れたと思ったけど、やっぱり針を刺す直前はまだドキドキする。つまむ皮膚の量が妙に気になるし…。でもだんだんと他のことをするように、何も思わずにできるようになるんだろうなァ…。昨日ははりきりすぎて、輸液パックを押しすぎ、100mlちょっと入ってしまったけど、まぁ大丈夫でしょう。(^^ゞ
それから数時間後には、ちっちーに液溜まりがなくなってる。えっ、こんな早く吸収されてるの?それともどっか(どこに?)行ってしまったのか??その後、ちっちーの様子がおかしくはなってないので、大丈夫だとは思うけど。

輸液後のちっちーが気になる、ぽっぽ

f0039288_1226468.jpg

f0039288_12261924.jpg

ちっちーは、出来ていたことが少しずつ出来なくなってきてるって感じかな。横になったままおしっこするようにもなった。たまにトイレに行っても、本当に前足だけしかトイレに入れなくなってしまって、かなりトイレから離れたとこにおしっこを落とすようになった。
踏み台を置いてあるけど、押入の天袋どころか2段目にも上がれないみたい。踏み台にも乗れないんだな、きっと。
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-04-21 12:28

輸液やりました

ふぅ~、ついに自宅輸液やりました!今、軽い達成感を味わってます。

こうやってここにつるしてやりました
f0039288_175958.jpgまずエタノールを含ませたコットンでちっちーの毛と皮膚を消毒するような感じで、毛を掻き分けて皮膚を出します。この作業、先生だとほんの数秒だけど、私は5分くらいかかりました。なかなかうまく毛が分かれないものです。そうこうしてるうちにドキドキが最高潮になってきます。そして皮膚をつまむ。これもつまむとこが多すぎたり、少なすぎたりとなかなか満足いく量がつまめません。
それから、最大の難関。針を皮膚に突き刺す。思いきって力入れてやりましたよ。すーっと入りました。でも、病院だと注射されたって動かないちっちーが、ぴくりと体を動かしたので、「あっ、痛いんだ。」と思い、びびりました。
f0039288_1765956.jpg

100ml入れるつもりだったけど、なかなか入っていかないものですね。満身の力を込めて、輸液パックを押して液を落とすけど、いつまでたっても減って行かない。片手じゃだめだと思い、背中にささってる針を押さえてる手をはずして、両手でパックを押すけど、それでも大変。50ml入ったとこでちっちーが動き出して針が抜けてしまったので、今日はこれで良しとしました。

ちっちーは、昨日から両目から目やにが出て、鼻もぐずぐずいうようになりました。まさか肺炎でも起こすのではと青くなり、病院に私だけ行って風邪薬を貰ってきました。今日はだいぶおさまった様子。
でも今朝からは、右前足をびっこをひくようになりました。触っても痛がらないので、単に痛めただけではないのかもしれません。いろいろ考えると、恐ろしくなってきます。
くすん、これからどうなるんだろう…。

右わき腹に液が溜まってます

f0039288_177492.jpg

f0039288_17928100.jpg

[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-04-19 17:16

抗ガン治療の終わりに

f0039288_1548465.jpg今日は、13回目の抗ガン治療予定日。でも、このところのちっちーの様子をみて、止めたほうが良いだろうって思えてきてた。目に力がなくなってきてるのがわかるし、全体的に弱わってきてるのも良くわかる。もし抗ガン治療してガンの進行を多少遅らせることができても、体は、もうそれほどもたないように思える。それなら抗ガン治療のために病院で数時間も点滴をさせたり副作用で苦しめたりしないほうが良い。もちろん先生に相談してからだけど。

9時半過ぎに病院に到着。
今日の体重、1.76kg。先週よりも80g減ってる。先生も、抗ガン治療を行わないほうが良いという意見。血液検査も不要。皮下輸液は、できれば、毎日とか1日おきにやったほうが良いというので、ついに自宅輸液をする覚悟を決める。(これから“ぎゃおす王国”でおさらいさせて頂きます。)
方法をレクチャーしてもらう。今日は私が針を突き刺さなければならない。自分で針を持ったけど、先生も一緒に持ってくれて(たと思う)、皮膚に刺したのは自分の力だったのか先生の力で刺したのかわからなかったけど、すばやくできたような気がする。でも実際に一人でできるかどうかはわからない。家だとちっちーはあばれるかもしれないし、私がためらって針を刺せないかも…。念の為、エリザベスカラーも買っておいた。
f0039288_15494486.jpg
抗ガン治療を止めたのはあきらめたからじゃない。分かれ道にきて、違う治療(緩和ケア)を選択したから。そう思いたい。これからは、毎日毎日、1分1分が今まで以上に大切な忘れられない時になると思う。
今はそれほど悲しくはない。
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-04-17 15:50

ちっちーのリンパ腫治療の経過-5 2006年4月

4月17日(月)
病院
13回目の抗ガン治療の日であったが、ちっちーの様子、体重等からやらないほうが良いと言う事になる。
輸液だけやってもらう。
プレドニンと胃薬は、引き続き1日おきに投与する。
1~2日に1回、輸液をしたほうが良いとのことなので、自宅輸液をすることにする。自宅輸液のやり方を説明してもらう。
  
脾臓の腫瘍の大きさは変わらず。

体重: 1.76kg(-0.06)
診療費合計: 9,450円(含:自宅輸液セット)



4月14日(金)
病院
輸液と口内炎ができていないか診てもらうため
口の中は異常なし。最近冷たい場所にいきたがるのは腹部に違和感があるため。動かさずにそのままにしておいた方が良いと言われる。
  
体重: 1.85kg(いつもと違う診察台で計ったため、比較不可。こちらの体重計は、50g単位とのこと。)
診療費合計: 3,990円



4月10日(月)
病院
血液検査: 白血球数34900(前回よりも-200)
病院に向かうキャリーの中で、いつもと違って、横たわり元気がなかった。病院について体温を測定するが38度と今までになく低い。その後何度か計り直したが38-39度で正確な数値はわからなかった。先生と話した結果、今回は輸液だけして、治療はせず何日か様子を見ることにした。(治療しても大丈夫だろうと言う事ではあったが。)
  
脾臓の腫瘍が少しだけ縮小。


体重: 1.84kg(-0.11)
診療費合計: 5,985円




4月3日(月)
病院
血液検査: 白血球数35100(前回よりも+10500)
12回目抗癌治療内容
  シクロフォスアミド投与
  ビンクリスチン投与(予定よりも量を減らす)
  L-アスパラギナーゼ投与(追加)
  プレドニン投薬(1日おき1粒)
  胃薬投薬(毎日2種類)
  脾臓の腫瘍が少しだけ縮小。


体重: 1.98kg(-0.06)
診療費合計: 26,250円

[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-04-17 15:22 | リンパ腫治療経過

最近のちっちー

f0039288_11553559.jpg
昨日はこんなふうにして、お風呂場で水を少ーしだけ飲みました


ちっちーは相変わらず。見た目はそれほど悪くなっていってもないし改善されてもいない。(あくまでもここ1週間の様子と比べてですが)
強制給餌は全力で拒否。いいかげんおとなしくして欲しいけど、急にそうなっても恐いので、今はこの元気さを喜んでます。20ミリリットルのシリンジ2本分を食べさせるのに30分以上はかかってます。ここ2~3日は、口をぎゅっと結んで、シリンジでつつかれてもなんでも、ぜーったいに口を開けないという作戦をとってます。かなり疲れるけど、これが唯一ちっちーを抱っこできる時間(たとえバスタオルでくるんでいても)なのでそれなりに楽しんでます。

f0039288_11521794.jpg
おしっこは、もう布団とか、クッションとか、くちゃくちゃにおいてあるバスマットの上ですることに決めたようです。たまにトイレを使ってくれることもあるけど、後ろ足はトイレの外にだしたままにしておいて、お尻がはみでたままするので、ほとんどトイレの外に出ています。後ろ足を曲げずに立ったままするようになりました。後ろ足の感覚が変になったか、力がなくなってしまったのかもしれません。かなり貧弱になってますから。

明日は、病院の日。この分なら抗がん治療できそうだけど、やってもいいのかどうかわかりません。私が決めなきゃいけない事ですね。
f0039288_11563811.jpg
昨日、ネットでまた強制給仕用の食べ物をいろいろ頼みました。たくさん買うのも恐かったけど、送料を無料にするため買ってしまいました。これを使いきることができますように。
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-04-16 11:57