「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ちっちーのリンパ腫治療の経過-2: 2006年1月

f0039288_16151567.jpg


ちっちーのリンパ腫治療の経過です。下に行くほど、日付が古くなってます。





2006年

1月28日(土)
病院
血液検査の結果、白血球数14100(前回よりも-6300)でまだ正常値を上回ってるので化学治療3回目を行う。(5000以下くらいになったらできないとの事。)
  ビンクリスチンの投与
  シクロフォスアミド投薬(週2回)
  プレドニン投薬(一日おきに1粒)
  胃薬投薬(一日おき2種類)

脾臓の腫瘍の大きさは前回と変わらず。(3センチくらいか)心音異常なし。
体重: 3.02kg(+0.04)
診療費合計: 21,840円


1月20日(金)
病院
血液検査をして前回の化学治療の副作用で白血球数が下がりすぎてないかを調べる。20400(正常値5500-12000)でOKだったので化学治療2回目を行う。
  ビンクリスチンの投与
  シクロフォスアミド投薬(週2回)
  プレドニン投薬(一日おきに1粒)
  胃薬投薬(一日おき2種類)

お腹のしこりの消失(触診で見つからず)、脾臓の腫瘍の縮小
体重: 2.98kg(+0.14)
診療費合計: 21,525円




11日の化学治療開始後、ちっちーの体調は良くなったようです。薬の影響でしょうがご飯はまた食べるようになったしおもちゃに少しだけど反応するようにもなりました。



1月11日(水)
病院
脾臓の腫瘍もリンパ腫と確認。
消化器に穴をあける恐れのある薬(L-アスパラ ギナーゼ)を抜いて、
化学治療開始
  ビンクリスチンの投与
  シクロフォスアミド投薬(週2回)
  プレドニン投薬(毎日1粒)
  胃薬投薬(毎朝晩2種類)

診療費合計: 30,870円

1月10日(火)
院長先生より電話にて再度検討した結果、脾臓の腫瘍が腹部のものと同じ種類のものか確認し、同じであれば明日の手術は行わないで化学治療で治療して行きたいとの説明を受ける。手術するにはリスクが高すぎるということ。

1月9日(月)
病院
抗癌治療を始めるために検査を行う。(血液検査、血液化学検査、X線単純検査、超音波検査、白血病ウィルス検査、猫エイズウィルス検査)
診断: お腹の腫瘍は、やはり脾臓に出来たもので、脾臓が確認できないほど大きくなっている。肝臓にも転移の恐れ。腎臓もやや大きくなっている。化学治療中に消化器に穴があいてしまう恐れがあるため脾臓の腫瘍を先に、手術で取り除く。白血病・エイズ共に陰性。胸水もたまってきている。→手術日を1月11日に予定。
体重: 2.84kg(-0.16kg)
白血球: 22200/mm3(正常値: 5500-12000)
診療費合計: 28,560円

1月7日(土)
病院
1月6日の話し合いの結果、「リンパ腫」と確定される。
触診にて脾臓と思われる個所に約7.5cmもある腫瘍を発見される。他には無し。
しこりの大きさ: 約1.3cm(+0.1cm)
体重: 3.0kg(-0.4kg)
胃の粘膜を保護する薬2種類を処方される。
診療費合計: 3,045円

しこりがみつかってから、ちっちーの具合がどんどん悪くなって行くのがわかりました。下記のような状況でした。
 ほぼ一日おきくらいに、朝、黄色の液を吐く。
 食べる量が減って行く。
 息が速くなっていく。
 大好きなおもちゃに反応しなくなる。
 一日中押し入れにこもるようになる。

[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-01-31 16:14 | リンパ腫治療経過

プチ復活?

f0039288_23303914.jpg(二度目の書き込み。さっきもうちょっとと言うところでちっちーにキーボードを踏まれ、打ったのどこかにいってしまった。)

おとといはちっちーの化学治療3回目だった。予定の時間にちっちーを迎えに行くと先生に、「病院でもだいぶ怒らなくなりましたよ。慣れたんでしょうかね。」と言われた。なに、ちっちー病院でシャー・フゥーやってたの?家では1度もやったことないのにね。病院に慣れるっていうのもかわいそうだけど、でもそのほうがちっちーにとっても楽だね。
先生も無理に微笑みながらしゃべろうとしてるのか、口が引きつってるように見える。それもそうだよね、今まで先生が悪いことを説明するたびに、私に泣かれてたんだから。

家に帰ってきてからは、うーーーーん、いまいち、調子が出ない様子。昨日今日と朝は食べないし。治療を始めてから初めて黄色の液体を吐いた。それも今日の朝と昼の2回も。
夜になるとましになるのかな。昨晩、今晩と毛玉ボールで遊び、さっきはぽっぽと追いかけっこを数往復してくれたし。心配はつきないね。でも、今は復活したように見える。この調子でがんばれ!
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-01-30 23:43

ちっちーは今病院

ちっちーは今、3回目の化学治療を受けています。夕方5時頃、迎えに行きます。

財団法人鳥取県動物臨床医学研究所のHPを見つけました。
この中の「海外文献要約」の「腫瘍」というページに、悪性リンパ腫の猫61例に、ちっちーが今受けているのと同じ化学治療を行った療養効果が記載されてます。
完全寛解できれば2年以上の生存も期待できそうですが、それでも2年なんですね…。いけない、またネガティブになってきた。前向きに、前向きに… 
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-01-28 12:03

昔であった猫達

f0039288_23571840.jpg
f0039288_2354565.jpg
f0039288_0181.jpg

おばあちゃんは、いつも猫の分だけドアを開けておいてくれます。


[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-01-28 00:01 | よその猫達

明日は病院

f0039288_16524131.jpg
押し入れの天袋から顔と手を出してるちっちー

いやだな、いやだな、明日はちっちーの3回目の化学治療の日。ちっちーがもっと元気になるためなんだし、この治療のおかげで元気取戻してきてるんだからってわかってるけど、病院の日が近づいてくると、気が重くなる。飼い主、もっと成長しなきゃだめだね。これがマイナスパワーとなってちっちーに伝わらないようにしなきゃ。前向きに、前向きに…
明日の朝は、ちっちーが押入れの天袋に入らないように、先回りしないと。

f0039288_1785291.jpg
ちっちー、明日の夕方は今日よりももっと元気になってるよ。そしてまた追いかけっこしようね。ここんとこ一緒に走ってないからぽっぽ、太っちゃったんだよ、きっと。←ウソでしょ。ちっちーが来る前からあなたは太ってたよ。
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-01-27 17:12

うれしいことがまた一つ

f0039288_2355240.jpg
昨日はちっちーとぽっぽの一番好きなおもちゃ“毛玉ボール”(くしについたちっちーとぽっぽの毛を丸めただけのもの)を追いかけ、一人サッカーをしてくれました。

それから、ぼろぼろになった人間の赤ちゃん用のクマのぬいぐるみを追いかけて、我が家で一番長い台所と部屋を結ぶ直線を数回全力疾走してくれました。

これだけでも治療前のちっちーと比べると夢のようなのですが、今日の夕方は、体調崩してから初めて、初めて、ぽっぽと追いかけっこをしてくれました!ほんの短い間だったけど、なんて幸せ。猫の追いかけっこする足音って癒し効果があるみたい。
f0039288_0215039.jpg


f0039288_0262439.jpg

f0039288_0264923.jpg
肥満気味のぽっぽは毛玉ボール追いかけてダイエットしなきゃ
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-01-26 23:55

午前中の過ごし方

f0039288_0115099.jpg 
お天気の良い冬の午前中は、ここで二人で外を見てます。ここはこの時間、一番日がさして暖かいところです。
ここから、駅に向かう人、ゴミ収集車、散歩中の犬、いろんな物が見えます。でもだれも二人には気づいてないようです。
飼い主は二人の足が暖かいようにと、ムートン調のクッションを購入し敷いてみましたが、気に入ってもらえず、二人にはじゃまな物が置かれただけでした。1度もクッションに座ってもらえませんでした。今は、飼い主がそのクッションをつかってます。暖かいと評判が良いようです。

f0039288_016226.jpg
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-01-26 00:21

ちっちーのお腹のしこり

f0039288_0521913.jpg

上の写真のピンクの丸印のところくらいに、触ると動くしこりがありました。(過去形で書くことができるなんて!)12月末に獣医さんで計ったら約1.2センチありました。1月初めには1.3センチに大きくなっていました。そして11日に抗癌治療が始まりました。
それ以降はこわくて触ってみることができませんでした。20日に2回目の化学治療のため病院に行くと、ここのしこりが無くなったと言われました。脾臓の腫瘍も小さくなったって。

それでも私は自分で触って確かめることができませんでしたが、さっき思いきって確かめてみました。「あっ、見つからない…」 
30分後念の為もう一度。やっぱり無い…。良かった、先生が位置間違えて勘違いしたんじゃなかった。本当に無くなっていた。(涙・涙)

今度は脾臓の腫瘍を自分でも確かめることができるよう、先生に場所を聞いてみなければ。
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-01-25 01:03

やっぱり冬はここだね

f0039288_2333029.jpg

そこで頭暖め続けて、脳みそ大丈夫ですか、猫達?




さて、今日はシクロフォスアミドという粉の薬を飲ませる日。(これは週2回だけ。1回は化学治療に行ったときに病院で。)粉薬を飲ませる日は、朝から緊張します。バターに混ぜたりしてみたけど、感づかれてしまってだめでした。なので、学習した飼い主は、病院でシリンジ(注射器の針がついていないようなもの)を貰って、ぬるま湯で溶かしてちっちーの口に流し込みます。いやな作業ですが、粉薬の場合、これが一番確実なようです。このあと、最近お気に入りになった砂糖抜きクリームなどを飲ませてちっちーのご機嫌を取っておきます。

飼い主が昼間外出して、夕方戻ってきたら、ちっちーのおもちゃのぬいぐるみが、おもちゃ箱から出て転がっていました。久しぶりにおもちゃを引っ張り出してたらしい。そこまで元気が戻ったのね。嬉しい!
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-01-23 22:34

今日はお外が真っ白にゃん

f0039288_2321251.jpg


今日は押し入れにこもりっぱなしで心配させたちっちーでしたが、午後遅く、ようやく出てきてくれました。今日のベランダから見る景色は雪で真っ白。ちっちーは雪で遊ぶ子供達を見つめています。


f0039288_23241638.jpgつぼみをつけたスノードロップ。ピントが後ろの、ネコには全く相手にされていないキャットニップ(なぜか紅葉している)にあってしまいました。
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-01-22 23:28