2010年 07月 04日 ( 1 )

4年が過ぎて・・・

今だにチーちゃんの写真を見ることができないでいる。
一緒に過ごした3年間を思い出さないでいる。
自分が大事な子にしたひどいことを避けているから・・・、たぶん。

ぽっぽもなんちゃって半長毛のむっちゃんも元気です。6月にぽっぽは13歳、むっちゃんは3歳になりました。3歳、こんな若くしてチーちゃんはひどい苦痛を与えられて逝ってしまったんだ。

3年前、私がこの場所に引っ越してきてすぐに出会って里子にでた子たちは、みんな元気、だと思います。ミミ子母さんもむっちりと太って、あの“苦労をしてます”、みたいな猫ではなくなりました。白い毛に青い目だった美少年は、1年後にはだいぶ茶色になってきました。(^_^;)
里親さんのお二人に赤ちゃんが生まれました。3年ってこんなに変化がある年月なんですね。

私のところにご飯を食べにくる3匹、むっちゃんのお母さん、シロック(雌)、巨大トラちゃん(雄)も元気です。残念なのは、おそらくむっちゃんのお母さんの子供(むっちゃんの前に生まれた子)と思われるキジの男の子が2008年の秋に急に来なくなったことです。f0039288_1457771.jpg
とっても臆病な子で、トラちゃんと一緒だとご飯が食べれなかったのでこの子だけはちょっと離れた場所でご飯をあげていました。でもこのいなくなる前くらいに、私の怠慢でみんなと同じ場所にご飯を置いていたのでそれで離れていったのかもしれません。(そう思いたいです。)他にもご飯をあげている人がいるはずなので。
このキジは後ろ脚がうまく曲がらないようでした。子猫の時から知ってる人によると、子猫の時、しばらく首が横に曲がっていたそうです。オスの大人猫にやられたのかな。それでトラちゃんをものすごく怖がってたのかな。

4匹偶然一緒にいるところに出くわしました。



むっちゃんは、5兄妹の中で一番小さくて、獣医さんにしばらく預かってもらってました。先生は、「この子はひねっ子(一番弱い子)だから」っておしゃってました。姿勢が変だったので先生に相談したら、漏斗胸かもと言われました。その時、「たとえこの子も3年くらいしか生きられなくても、その間は私もこの子も幸せでいよう。」って決心しました。今思うと大げさかもしれないけど。(^_^;)
避妊手術の時に胸のレントゲンを撮ってもらったら心配することもなかったようです。良かった。でも、去年の夏、ストルバイトができやすい体質であることがわかって、毎日、ひやひやしながらおしっこを観察(?)してます。

いつの間にか、動画が消えてしまったのね・・・(;_;

f0039288_1501097.jpgf0039288_1504554.jpg
[PR]

by cat-in-wonderland | 2010-07-04 15:03