2006年 02月 21日 ( 2 )

猫との知恵比べ

普段は、私の隣りか上で寝てて、私が起きると一緒にちっちーも起き出すのに、ここ2~3週間は病院に行った後数日は、早々と一人で起きて、押し入れの天袋に上がって二度寝するようになった。
体調悪いのもあるかもしれないけど、逃げ込めないように先回りして天袋の戸を閉められて、病院に連れて行かれるのを恐がってるんだろうな。でも、週半ばにもなると安心するのか、忘れるのか、また私と一緒に起きるようになるので、次の月曜日(化学治療の日)は、天袋を閉められて隠れ場所なくなって、病院に連れて行かれる。
病院に行くのがいやなら、ちっちー、早く腫瘍を消してしまいなさい。

ちっちーは、食べるのが下手だ。ぱくって上下の歯で食べ物をくわえるんじゃなくて、舌ですくいとろうとする。だから時間かかるし、食欲がそんなに無いときは舌でなかなかすくえないと、食べるの止めてしまう。で、飼い主は考えた。(実は前に歯のない老猫にご飯を食べさせるときに使った手なんだけど、若いちっちーにはまだやりたくなかっただけ。)まず、治療のせいか嗜好が変わったちっちーのために、安全なフードしか置いていないというのがウリのペットフードショップに行って(しかしここでは、発がん性のある酸化防止剤を使ったカリカリも売っている)、臭いの強そうな猫缶とレトルトをゲット。レバー入り。それをフードミキサー(?)とかいうので、クリーム状にする。スプーンにとってちっちーの口に近づける。ぺろぺろなめてくれたので、気を良くして2皿目にサメ軟骨サプリを混ぜる。お腹いっぱいになったみたくてもう食べたくなさそうだったけど、どうにか食べてくれた。ヤッター!!!この手が通じるうちはサメ軟骨を飲ませられる。 

視線を感じて後ろを向くと期待した顔でぽっぽがいる。以前この猫缶はぽっぽに拒否されたので、どうせ食べないだろうと思って出すと、食べたよ… (--;)  ぽっぽは肥満だからおやつはいらないんだけどね、でもいいよ、好き嫌いなくたくさん食べてくれればね。飼い主、安心だから。

ぽっぽは最近このかごの中がお気に入り。昼間はずーっとこの中で
丸くなって寝てるけど、エアコンの噴出し口の真ん前で頭熱くないのかな

f0039288_23253094.jpg

[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-02-21 23:28

化学治療6回目

大きい箱もあれば入ります
f0039288_027797.jpg

今日は、6回目の化学治療。やっぱり腫瘍が小さくなってないので、抜く予定でいたドキソルビシン(抗腫瘍性抗生物質)という抗癌剤も使うことになった。かなり強い薬らしい。でも、もともとのプロトコル(COPLA)には入っていたので心配することはない。(と思うことにした。)
先生が言うには、気持ち悪くなったりの副作用が強いということだった。
でも、今ネットで見てちょっとショック。「脳の中の吐き気を感じるところを刺激する…、2~3週間後、脱毛が起こる…、針を刺した血管が痛くなることがあり、それが数日後に現れることもある…」など書いてある。こんなこと説明されなかった。これって人間だけに現れるんだろうか。
とにかく、こういうことがあるかもしれないってわかったから、注意しておこう。
こんなに強い薬なんだから絶対に効いて欲しい。

この前から迷い出したD-フラクション。ヒト用のがお徳なようなので、それにしようかなって思ってる。一応、猫に使いたいので、大丈夫かって事と使用量などメールで確認してからだけど。なので早くメール出せばいいんだけど、7時過ぎに食べた夕飯の天丼弁当が5時間たった今も胃の中に固まりのまま入っていて、脳に酸素がいかなくなってるのか、思考力なくなってしまってる。
時々、猫が未消化のまま食べた物ごそって吐くけど、それってこういう状態のときに起きるのかな。

f0039288_0331343.jpg
f0039288_0332533.jpg

大きい箱の中ではこういう事もできます


[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-02-21 00:35