2006年 02月 19日 ( 2 )

D-フラクション

f0039288_234684.jpg
D-フラクションについて、教えてくださった方々ありがとうございました。
さっそくネットで調べてみました。ペット用だと12000円前後が相場のようです。人間用だと、アメリカ製で個人輸入代行製品だとなんとその半分くらいの値段。アメリカからの送料を入れても、濃度の濃そうなのが、ペット用よりも安く手に入るのかぁ。しかしそんな濃度の濃いのペットにあげても大丈夫なのかとも思うけど、量を減らせばいいんだよね、多分。

ネットサーフィンしたついでに、非常事のために、高エネルギーの経腸用栄養食“クリニケア”や“フェロビタ”なども買っておこう。非常時でなくても毎日、少しずつあげてもいいし。


ちっちーがここのところ、お気に入りのカリカリを食べてくれない。試しに以前、ホームセンターでサンプルで貰った小袋のカリカリをちっちーの鼻のとこにもってった。興味ありそう。臭いが袋からもれてる。ぷんぷんと…。中身は魚介シリーズらしく、かに味とかマグロ味、えび味なんかが入っていて、味によって粒の形と色が違う。この色っていったい何で着色してるんだろう…。原材料のトップは“肉類”。何の肉なんだ???
でもちっちーは数粒食べた。飲み込むときノドにつっかえて食べずらそうに見える。お湯でふやかして柔らかくして潰してあげようと思った。お湯にいれて放置すること20分以上。いつまでたっても潰せるほどに柔らかくならない。あきらめて、せめてものとの気持ちをこめて、かわいいほたて貝の形のお皿にカリカリを入れた。10粒かそこらかもしれないけど、ちっちーは食い付きよく食べてくれた。今は食べてくれるってことが大事なので、明日この現品を買おう。買ったら食べないなんてことしないでよ。

明日は6回目の抗癌治療です。予定だと6回目でシクロフォスファミド(飲み薬)とビンクリスチン(注射)は終わる。本当はドキソルビシンっていう薬(注射?)もプロトコルに入ってるけどちっちーには使えない。でも思ったよりも治療効果が出てないので(多分)、そのドキソルビシンか、1,2回目の治療に抜いたL-アスパラギナーゼという薬を使うかもしれない。
早く、この状態から脱して欲しいなぁ。
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-02-19 23:06

停滞気味

f0039288_042087.jpg


今週はほぼ毎朝早く、吐いてるちっちー。これじゃ治療始める前と同じ。薬が効かなくなってるのかもしれない。20日に病院に行くときに、このままの治療を続けるのかどうか聞いてみよう。

プロトコルの半分が終わっても、この状態なんだもの。気持ちをマイナスにもってっちゃいけないってわかっていながらも、悲観的になってきてしまう。でもこのマイナスパワーがちっちーに移らないようにしなきゃ。

食欲は、朝はいまいちなのかな。いつも食べるカリカリは食べてないし。でも、朝10時過ぎ、甘えび大2匹、まぐろさしみ少々食べ、夕方4時に甘えび3匹食べ、6時にはインドマグロ3切れ食べた。(安いばちまぐろっていうのを買おうかと思ったけど、奮発してインドマグロにして良かった。)
夜8時過ぎ、おやつを食べさせようと無理強いしたのがいけなかったのかもしれない。押し入れの天袋に入ったきりでてこない。いつもは横でひっくり返って寝てる時間なのに。

今日はD-フラクションについての本を借りた。これってペット専用じゃなくて人間用の抗癌サプリだったのね。まだ読んでないけど、でも宣伝のための本かもしれない。
病院の先生は、これは飲みやすいって言ってたっけ…。でも高くて15,000円くらいするらしい。
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-02-19 00:17