動物と一緒に暮らすということ

動物と一緒に暮らすには、それなりの心構えが必要です。
いつまでも仔猫・仔犬のままではなく成長します。
成長すると子供特有の愛らしさはなくなってきます。
そのかわり、別の魅力がでてきます。

また、人間と同じように痛みも感じるし、病気にもなるし、
うんちやおしっこもするし臭います。
動物は動くおもちゃではありません。
病気になったら獣医さんにみせなければなりません。
ある程度のお金が必要となります。
そして、トイレも毎日きれいにする必要があります。
食事にも気を使わなければなりません。
普段昼間は働きにでて人間が誰も家にいない場合、
また動物だけを家に残して外出しなければならない場合、
動物が家の中で快適に過ごせるようにしなければなりません。     
例えば、暑い時は窓を開け放しておいたり、冷房を入れておくなど・・・・
         
飼い主の時間とお金を動物にささげなければならないのです。
そして、もちろんたくさんの愛情も。                      

でも動物を飼うことによって自分の生活が制限されると心配しすぎ
ないでください。
飼い主のアイディアと工夫で、楽しく動物と一緒に暮らすことができます。
動物も、飼い主との生活が幸せであれば、たくさんの愛と幸せを与えてくれます。

f0039288_14295540.jpg

[PR]

by cat-in-wonderland | 2007-06-28 14:23 | 里親さん募集