ちっちーのリンパ腫治療の経過-1: 2005年12月

f0039288_22553629.jpg
ちっちーのリンパ腫治療の経過です。下に行くほど、日付が古くなってます。





2005年

12月25日(日)
病院から結果を知らせる電話
診断: リンパ腫の疑い
「標本中には血液成分を背景に、多数のリンパ節構築細胞が孤在散在性あるいは密に採取されています。これらの細胞は成熟リンパ球、前リンパ球、およびリンパ芽球が混在しています。主体を占めるのは前リンパ球およびリンパ芽球と判定される幼若リンパ球です。成熟リンパ球はわずかに観察されるのみです。細胞構成としてはリンパ腫にもっとも類似していますが、猫では反応性のリンパ小節形成により幼若なリンパ球が多く採取されることがあります。可能であれば切除による病理組織検査で確定診断を行うことが勧められます。」

1月6日にリンパ腫に詳しい先生が来て勉強会を行うのでそのときに、18日に採取した細胞について検討してみるということだった。

12月18日(日)
病院へ
雌猫であり、発情がきてからの避妊手術だったため、乳腺のしこりを疑われる。
針吸引検査(しこりに針を刺して細胞を採取して、その細胞を調べる。)を行う。外部に委託するため結果は1週間後。当検査のデメリットの説明を受ける。
しこりの大きさ: 約1.2cm
体重: 3.4kg
診療費合計: 9,975円


12月13日(火)
夜、お腹のあばらに近いところに、しこりを見つける。
しこりの特徴: 触ると場所が動く、やわらかい。




[PR]

by cat-in-wonderland | 2005-12-31 23:27 | リンパ腫治療経過