リンパ腫確定 さらに悪いことに…

ちっちーを連れて病院へ。
昨日の話し合いの結果を聞く。やっぱりリンパ腫だった。(;_;)
「(拾ったとき、生後一ヶ月半頃の)ウィルス検査では陰性だったけど、すでに母子感染していてそれが陰転したのでしょう。でもウィルスが残っていてリンパ腫となってしまったんじゃないでしょうか。」
くっ… (;_;) (;_;)
この場合は切除しないで、12週間の化学療法プログラムを行うとの説明を受ける。週に1回病院で点滴を受け、薬を飲ませつづけるらしい。同じようなリンパ腫ででもこの治療のお陰で腫瘍が消えた猫がいた話を聞いて安心する。(再発の恐れはあるけど…)
ちっちーはまだお腹の一ヶ所にしかしこりができていない。初期のうちに発見できたと喜んだのもつかのま。先生が、脾臓と思われる部分に大きな腫瘍を触診で発見する。大きさ約7.5センチもある。頭を殴られた感じ。前回診てくれた先生は、雌だから乳腺のしこりと検討をつけて、お腹の中まで触ってくれなかったようだ…
化学療法を始める前にこの腫瘍が何かを調べなければいけない。9日にまた来ることにする。
体重は18日の検診時から400グラムも減って、3.4キログラムから3キロへ。
f0039288_1850750.jpg

[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-01-07 18:21