最期の日

f0039288_16505380.jpg
ちっちーがいなくなってからもう1ヶ月以上経つんですね。
この間、自分が何をやっていたのかわかりません。髪を20㎝以上切ったけどそれ以外は本当に何もやっていません。それにまだちっちーの死に向き合っていません。

最期の日の朝もいつも通りでした。これがちっちーと一緒に迎える最後の朝になると感じとることさえもできませんでした。

朝、いつも通り強制給餌をしました。そして昼過ぎ2度目の強制給餌。シリンジ1本弱を食べさせた後、ちっちーが苦しみだしました。誤嚥ではないと思います。ここ1週間くらいのうちに足に力が入らなくなってろくに歩けなくなっていて、ここ数日は寝返りはまだどうにかできるという程度にまでなっていました。そのちっちーがむりやり食べさせられた後、苦しそうに左右に体を動かし始めました。普通の力があったなら、もっともがいて七転八倒してたのかもしれません。それほど苦しかったのかもしれない、本当は。ただ自分で動く力がなかったから、立ちたいけど立てない程度にしか見えなかったのかもしれません。私はちっちーが吐きたいのだと思いました。寝たままはいたらノドに詰まって危ないと思ったのでちっちーを起こし、私の手でささえました。でも吐きません。息、というか鼻もスース―して苦しそうでした。もっと食べさせるつもりだったけど、恐くなって止めました。
30分、1時間、どのくらいだったか忘れましたが、ちっちーはもぞもぞしててずーっと苦しそうでした。きっと見た目以上の、ものすごい苦しみだったんでしょう。ここで気付くべきだったのに。気付かなかったバカな飼い主。そのうち、ちっちーが動くのを止めて、お腹がいっぱいで眠いというような楽な姿で寝るようになりました。それで私は安心してしまったけど、でも、夜の強制給餌はできませんでした。

夜10時半を過ぎてたでしょうか。ご飯は食べさせられないけど、せめてお水でもと思いました。何もわからず得意になってこんな気持ちになった私。無知って本当に恐い。寝ているちっちーをわざわざ起こして、水をシリンジで2~3滴ちっちーの口の横のほうから浅く入れました。本当に、ほんの2~3滴だったんです。そしたら昼間のようにまた苦しみ出しました。水じゃなくて毒でも入れられたみたい。たったの2~3滴でもがきはじめたんです。
昼と同じでじきに収まるだろうって思ったけど、でもなんとなく違う。もっと苦しそう。これはダメかもしれないって感じました。大きな声で、「ちっー!」って何度もちっちーを呼んだけど、ちっちーは苦しんだまま死んでしまいました。私のこともわからなくなって…。
この間、5分か10分くらいだったでしょうか。両目は開いたままでした。顔は苦しんだ顔ではありませんでした。でも、元気な時のように動けたらものすごくもがいて転げまわるほど苦しかったんだろうな。

f0039288_16514822.jpg
死期が近づいてたのはわかってたけど、でも最期は眠ったまま苦しまずにって願ってた。私が余計なことしなければ、強制給餌をもっと早く止めていれば、ちがう、強制給餌じゃなくて、お水を上げなければ数日後、または数時間後には、眠ったまま逝ってしまうことができたはず。
結局、世界で一番大事な子(の一人)を、最後は自分の手で苦しめて逝かせるという最悪の事をしてしまいました。

数年前からいやなことが続いて、この不公平な世の中に神様なんていないと思いました。だから、神様は私の一番大事な者をひどい目に合わせて取り上げたのかもしれない。それとも神様はいないから、ちっちーを病気にしたのかもしれない。
逃げ出したいけどその勇気もない私は、せめて良い人間にならなくちゃいけないんだろうなって思う。いつかちっちーに天国で再会するためにも。でもその前にここで会えたらいいんだけど。
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-06-16 16:57