ぽっぽ&ちっちー人形

f0039288_15575826.jpgかわいい、かわいい“ぽっぽ&ちっちー人形”が届けられました。2人の特徴を全部持ったお人形です。しっぽの長さも、左右の耳の色の違い、背中のシミ、そしてなによりもちっちーご自慢の天使の羽根までも同じです!

ちっちーと同じリンパ腫で、でも、寛解記録を伸ばしつづけているピースケ君のママ、ピーママさんから頂きました。本当に本当にありがとうございます。このお人形がいればいつもちっちーと一緒です。(ピーママさんが、羊毛人形の小部屋のウェンディママに注文して作って下さいました。)

f0039288_1558505.jpgぽっぽも気に入ってしまったようで、ぽっぽからお人形を守らなきゃいけなくなりました。ぽっぽの可愛がり方は、乱暴なので…。(^_^;)

ちっちーは今頃、もっと大きな羽根を貰って自由に飛んだり走ったりしてるんでしょうか。ミントちゃんとも会っていろいろお話してるんだろうなぁ。ちっちー、そっちが飽きたら早く戻ってきてね。そして、今度はもっともっとずーっと一緒にいようね。



撮影中にぽっぽ乱入

f0039288_1683413.jpg

f0039288_15594651.jpg

日曜日、輸液の針などを返しに、ちっちーの獣医さんのとこに行って来た。受け付けに行くと、先生から話しがあるからちょっと待っててくださいって言われる。ちっちーが死んだことはまだ病院に報告してない。と言うかそこまで親しい関係じゃなかったし、病院でも気にしてないと思ったから別に言うつもりはなかったんだけど。でも、受け付けの人も私(ちっちー)のこと覚えていたんだなぁと感心。先生が来て、何の話しだろうと思ったら、既にちっちーが死んだ事、死んだ日まで知っていた。このブログでも探し当てて読んでたのかと思った。でも、動物霊園から連絡が入ったらしい。なんでだろう?霊園で病院名聞かれたから、病院の名前を言っただけで別に病院からの紹介でもなんでもないけど、病院と霊園で何か繋がってるんだろうな。話しは挨拶みたいなものだったけど、でも一応気にしてくれていたみたいで良かったな。(たんにこの病院のやり方なのかもしれないけどね。)余った薬は買いとってくれるらしい。でも、猫の保護活動をされてる方に役立ててもらおうと決めていたので、ひきとってもらおうとは思わない。
先生とちっちーの死んだこととか病気のこととか話してて、泣かなかった自分にも驚いた。診察室では今まで何度も泣いて、さりげなくティッシュペーパー出してもらってたんだけど。(^^ゞ
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-05-23 16:14