また、病院へ

今朝、強制給餌後、ちっちーの後ろ足の付け根あたりから、膿が出てるのを発見。皮膚に穴があいて、膿がたくさんでてる。即座に病院。
後ろ足だけじゃなかった。4本の足全てから皮膚が穴あいて膿がでて、外側から見える以上に中は膿だらけ。特に腰がひどい…。

床ずれしそうな場所の皮膚から膿がでている。でもまだ床ずれするほど動けないわけじゃないので、ステロイドで皮膚が弱ったのが原因だろう。最悪、敗血症で死ぬらしい。
皮膚に穴があいてるので輸液も中止。口から飲ませるようにとのこと。

良かったことは、体重が増えてた。1.82kgになっていた。4/17よりもプラス0.06。

病院から帰ってきても、キャリーから出ようともしない。横になったまま眠ってるちっちー。全く、なんでちっちーにひどいことばかり起こるんだろう。どこまでちっちーをいじめれば気が済むんだよと思う。

今朝は、家から電話で、レオが死んだという連絡。大型犬(ジャーマンシェパード)にしては長生きで、まだまだ弱ってはなく病院の先生も珍しいと言っていたのに。13歳だった。心臓が原因らしい。でも死ぬ数日前まで、自分で少しだけどご飯食べて、歩いておしっこしてたという。
ちっちーのように弱って次々と体が悪くなって逝くよりも、最期直前までわりと普通に生活できていたレオのほうが良いんだろうな。自分だったらレオのように死にたい。
[PR]

by cat-in-wonderland | 2006-04-29 12:40